TOP

とりあえず、風俗の話でも書き連ねていこうかと思っています。オヤジの風俗話にでも付き合ってくださいよ笑

合コンで出会った女性はデリヘル嬢

私がデリヘルにハマることになった転機は、2年ぐらい前に行った合コンがきっかけです。3対3で行った合コンで、私はすぐに一目惚れをした女性がいたのです。もうすっかり彼女を好きになり、猛アタックをしていたら、その彼女がデリヘル嬢だったのです。それを知ったときは相当ショックでしたが、それでも彼女が好きになった私は、デリヘル嬢としても利用するようになったのです。彼女としては嫌がっていましたが、私は好きだったので何度も指名したのです。それまでデリヘルなど風俗は全く利用してこなかったのですが、そんなことは関係ありません。それでも指名を続けると、本当に嫌がっていたようで、彼女は黙っていなくなりました。それ以降彼女に会うことはできませんでしたので、それで終了です。彼女がいなくなって私に残ったものは、デリヘル遊びだったのです。全く利用がなかった私は、相当慣れてしまったらしく、それ以来デリヘルでしょっちゅう遊ぶようになったのです。


女の子が気持ちよく逝ってくれました

デリヘル嬢がホテルの部屋に入るなり、オプションでお願いしたノーパン・ノーブラを見せつけてくれます。これはそそりますね。キッスをしながら、生おっぱいを揉み揉みします。弾力があって垂れてない、美乳おっぱいですよ。乳輪も小さくてピンクです。お風呂ではローションを使って遊びました。マットが付いていたらマットプレイなんかもできたのにな、なんて残念でしたが、ローションプレイはロングじゃないとしないらしいのです。まあいろいろ手間ですからね。今回は75分なので、できたプレイです。しかしローションだったら、肛門に間違えちゃった、なんて入れたい放題ですよ。関節の何番目まで入れてるのというくらい深くいれてくれるので悶絶してしまいます。そして、お互いの大事なところを触りあるのですけど、それはベッドで、ということでローションを洗い流します。ベッドでは先ずは私が攻めます。揉みまくりの爆乳おっぱいと、3本指入りのおまんこ、そしてさっきさんざんもて遊んだ肛門をいたぶります。さらにクリトリスをさわさわしたら、女の子も盛大に逝ってくれたようです。

Fカップは境界線

昨日遊んだマナミちゃんは、Fカップの持ち主でした。おっぱいが大好きなので、巨乳さんは大歓迎です。個人的にFカップというのは、おっぱいが垂れるかどうかの境界線だと思っています。Fカップを超えてくると、どんな女の子でも大抵垂れてしまいます。これは物理的に仕方のないことだと思いますが、どうせなら垂れていない方が良いですよね。だから、私はFカップは大好きです。もちろんFでも垂れている女性はたくさんいますので、そんなときはガッカリしますが、それでも楽しみ方によっては、垂れていても問題はありません。ちなみにマナミちゃんは垂れていましたね。まっすぐ立ってもらって見たら垂れているので、ビジュルア的にはちょっとでしたが、ベッドで横になったりプレイしているときは、あまり関係ありません。垂れているおっぱいでも、横になって腕で寄せていると、逆にすごい興奮したりもしますし、垂れている方が感触は柔らかいケースが多いので、基本巨乳ならなんでも好きです。



カテゴリ

月別アーカイブ

フリースペース